「なぜ死んではいけないの?」


10代の若い子達は繊細でとても感受性豊か。

核心をつくような鋭い質問を投げかけてくれ、返答に窮することもしばしば。




今日出会ったのは13歳の女の子。

境界性パーソナリティ障害や統合失調症など、様々な要素が重なり合って自傷が日常化してしまっている子。

そして自分を認めてあげられない子。

話しているうちに一つの質問が飛び出した。



「先生、なんで死んじゃいけないの?」



一瞬面食らった。

この質問にきちんと答えられる自信がなかった。

そして、私の答えが彼女の人生をも左右しうると思ったから。



非常に難しい問題だね。とまず言った。

数秒考えて以下のように二つ答えた。


--------------------------

命というのは、その人だけのものでは無い。

その人自身、家族、友人、知人、皆があなたの命を共に生きている。

だから、あなたがいなくなるということはその人たちの心の一部も失われてしまうことだとおもう。

皆悲しむ。私ももちろん悲しい。


そしてもう一つの理由としては、究極の話になるけれども、人生を終わらせるのは案外簡単なこと。

だったら、今じゃなくてもいい。

明日でもいい。

とりあえず今日1日生きてみて、明日に先延ばしにすればいい。

そしてまた明日、同じことをすればいい。

この先何十年と考えると気が滅入るかもしれない。

でも1日頑張ることなら、できそうな気がしないかな?

そのうちにはあっと驚くような良いこともあるかもしれないしね。


----------------------

こんな具合。

彼女の質問にきちんと答えられたかはわからないが、少し肩の荷がおりたようだった。

元々児童精神には触れる機会のなかった私にとって、彼女達は毎回多くのことを提示してくれる。

彼女たちに幸せに生きてほしい。

そんなふうに思った。









↓よかったらフォローお願いします❤️↓

Twitterボタン
@Asahina_sou2






ランキング緩く参加しています~ぽちぽちぽちと三つクリックお願い致します(´∀`σ)σ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

よんだよ

大変なお仕事ですね。
でもとても患者さんに真摯に向き合って自分とも向き合っていて尊敬します。
きっと救われる人が多いでしょう
正解のない問いかけや問題は難しいですが、気持ちは伝わると思います。
応援してます

難しい質問。。。
でも、「命の大切さ」っていう、とても重要だけどとても漠然としたテーマに対して、その場でそこまで答えることができるのが、さすがというか、尊敬しちゃうなぁ。
勉強になります。
大変だと思うけど、応援してます!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

あさひな

Author:あさひな
うつ病3年、躁うつ半年、あさひなです^ ^
病気でも楽しく生きる!をモットーに頑張ります!

2012年12月 うつ病発症
治療開始
2014年4月 就職(研修医)
2014年6月 再燃
2014年9月 休職開始
2015年2月 双極性2型疑われる
2015年8月 復職

病気に負けずにお仕事頑張ります(^^)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR