FC2ブログ

イフェクサーあれこれ



たまには真面目にお薬の話でもしてみようと思います。

最近お気に入りのイフェクサーについてです。


こちら医学界での一般名をベンラファキシンといいまして、日本では昨年12月に発売されたばかりで新しいのですが、海外では1997年から使われている実はそこそこ歴史あるお薬です。


SNRI、つまり選択的セロトニンノルアドレナリン再取り込み阻害薬という分類に入りまして、セロトニンとノルアドレナリンを脳内で長持ちさせるというサインバルタと同じ機序を持っています。


しかしサインバルタと違うのは使える量!


アメリカではサインバルタ120mg使用できるのに対して、日本では60mgまでしか認められていません。


体格差を考慮しての差、と説明されていますが、足りない感を自覚されている方も多いようです。


一方イフェクサーはアメリカと同じ225mgまで使えます。


だから私のようにサインバルタで少し足りないと感じる方には結構良いのではないかと思われます。


面白いのが、少量ではセロトニン作用を、増量するとノルアドレナリン作用を主に増強するという点です。


大体150mgくらいまでは不安や落ち込みに対して効き、それ以降だと意欲、やる気を持ち上げる効果が強くなるそうです。


ですので意欲ややる気が出ない方にはノルアドレナリン作用を期待してある程度増量する必要があると言えますね。


私の場合も意欲、やる気の低下が強かったので増量が必要だったということでしょう。



そんなこんなで今後も益々活躍してくれそうなお薬です。






ランキング緩く参加しています~ぽちぽちぽちと三つクリックお願い致します(´∀`σ)σ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





スポンサーサイト



挑戦は続く ~イフェクサー~



ここ最近体調不良を自覚していました。


仕事に前向きになれなくて、何をやっても楽しくなくて、やる気が起こらない。

人と話すのも億劫、出かけるのはもっと億劫。


そんな状態でした。


そして火曜日に受診してこれに対して新しい薬、イフェクサーSRを試すことになったのです。

日本で承認されたのは昨年の9月と、いま一番ホットな抗鬱薬らしいです。

作用機序としてはサインバルタと同じSNRIという分類になります。


これがなんと服用初日から効きまして、本当に楽になりました。


やっぱり体調悪かったんだなぁと改めて思いました。


普通抗鬱薬は一週間以上効き始めにかかるのですが、既に他の抗鬱薬が入っているから効き始めが早かったのでしょうか?


まだ諦めなくていいんだと思いました。


しばらくこれで頑張ってみようと思います。


処方は意味がなさそうなエビリファイを元の量に戻してイフェクサーが加わりこのようになりました。


朝✨
サインバルタ30mg
エビリファイ3mg
アロチノロール15mg

夜✨
サインバルタ30mg
イフェクサーSR37.5mg
リチウム500mg
アロチノロール15mg
ベルソムラ20mg


ちょっと複雑になってきましたねσ(^_^;)


飲み間違いのないように気をつけたいとおもいます(^-^)




無事レポートが終わり、復職後四つ目の科が終了しました。

ちょうど半年に相当します。

凸凹でしたが、なんとかまずは半年来ることができました。


また次の半年、前向きに積み重ねて行きたいです!





ランキング緩く参加しています~ぽちぽちぽちと三つクリックお願い致します(´∀`σ)σ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



ラミクタールは蜜の味



今の処方は自分にとても合っているとは思うのですが、それでも時々、

ラミクタールを飲んでいた頃が懐かしくなることがあります




休職して実家へ戻り、抗うつ薬がどれも効かないので双極性の薬、ラミクタールを試してみようか、となったのが今年の2月でした。




まずは手順通り、最低量の25mgで始めます。


「もし万が一発疹がみられたら、すぐやめてね。

恐らく大丈夫だとは思うけど…ここのクリニックでは30人中29人大丈夫だったし、残りの1人も、多い量で出たから」

という先生の説明つきで。





それまでは、自分が双極性であるとは微塵も思っていませんでした。

躁が実感できていなかったからです。



ところが、ラミクタールを始めた翌日から、嘘のようにとても楽になったのです。


どんな抗うつ薬でも取れなかった苦しさ、身体全体を覆っていた靄が、ラミクタールに出会ったことにより晴れました。


実に数年ぶりに経験する、清々しさでした。




非常に穏やかな気持ちになり、

そこで初めて自分は双極性なのかもということを実感したのです。



やっと出会えた、自分に合う薬に出会えた、と喜びもひとしおでした。





ところがこの蜜月はそう長くは続きませんでした。



効果がみられたので25mg継続で3週間経ったある日。


伯母の家に泊まりに行っていた私は、お肉をもぐもぐしていました。


突然、伯母が私の腕を見て、「どうしたのこのブツブツ」





それを聞いて初めて、手に、足に、お腹に背中、耳の後ろに至るまで、全身に赤い斑点が出現していることに気がつきました


薬剤に対しアレルギー反応を起こしたことによる皮膚粘膜障害


=薬疹


でした。



振り返ってみれば、その数日前から首のリンパ節がゴロゴロ腫れており、前日には喉の痛みも出現していました。

唇の荒れもひどく、リップクリームを細めに塗っても、血が滲んでいました。


全て、薬疹の所為だったのです


リンパ節も扁桃もよく腫れる体質なので、気に留めていなかったのですが…


慌ててきちんと調べると、重症化のサインにバッチリ入っているではありませんか


盲点でした






まずは主治医に言われた通り、ラミクタールをストップしました。


でも怖くて仕方がありません。


重症化すると非常に怖い薬疹であることを、無駄に知識として持っていただけに、慌てました。


結局、伯母に車を出してもらい夜間救急で点滴を落としてもらってやっと安心できたのを覚えています。



その後は、薬疹が今後重症化するかも、という不安も残りつつ、もうラミクタールを飲むことができない、という絶望がどんどん大きくなり

久々に症状のオンパレードを来たして寝込んでしまいました。





翌日クリニックで、残念だけど他の薬があるから大丈夫よと励ましてもらって精神的に持ち直し、


セレスタミン(ステロイドと抗ヒスタミン薬の合剤なので、効果が強め)


を一週間飲んで、斑点は無事消えました。



そしてリチウムが始まり現在に至ります。




思えば、25mgであそこまでの効果が出ることはあまり無さそうなのです。



他の患者さんは100mgやそれ以上で維持されている、という話を聞きました。



始めてすぐの受診の時、先生も
「25mgでもう効いたの?」


と大変驚いておられました。



効きすぎて、その後さらにぶっ飛んで薬疹までいってしまったんでしょうね




でもラミクタール自体は、とても良い薬だと思います。

薬疹というのはあらゆる薬剤で起きうる問題で、それがラミクタールの場合少し出やすい、ということ、

私は見事に当選した、ということですねf^_^;






薬疹騒動は大変でしたが、
終わってみれば

一つ人生経験になったということと、

私に双極性の自覚を芽生えさせてくれたものとして、非常に愛着がある薬です。






残っている5錠は記念にとっています。






余談ですが、ラミクタールは甘い味がします


元々抗てんかん薬のため、子供でも飲みやすいように味付けがされているそうで、この味が結構好きでした


形もコロコロまん丸で、e-maのど飴みたいだな~と思って楽しく飲んでいたのでした。



いま飲んでいるリチウムはとても苦いので、ラミクタールみたいに甘かったらなぁ…と(@ ̄ρ ̄@)



そんな思い出話でした





応援ありがとうございますポチポチッポチッとお願いいたします



ブログランキング・にほんブログ村へ

うつ病薬備忘録~ジェイゾロフト

うつ病薬備忘録


ジェイゾロフト
(一般名セルトラリン)


SSRI という種類の抗うつ薬で、
脳の中のセロトニンをできるだけ長くとどまらせることでセロトニン濃度を上げる、というのが目的のお薬です



抗うつ薬全般、初めて飲む時に結構副作用が出ます。
1~2週間して副作用が落ち着いてきた頃に効果を感じられることが多いようです

もちろん効果の出方や副作用の強さは人それぞれですが、始めに副作用として出る吐き気は二週間も経つと消えること、しんどい時は吐き気どめを飲んで良いことは先生からも伺いました。




ジェイゾロフトは
うつ病と診断されて初めての薬でした

飲み始め一週間はひどい吐き気が続きました
低用量では効果が出ず、一週間後に増量するとまた吐き気増量のたびに吐き気と闘い、最終的に最大量まで上げて、やっと一定の効果が感じられたかなという感じです吐き気は徐々におさまりました


吐き気が強い時は先生に相談してナウゼリンなど処方してもらいました

全体的にまぁまぁ穏やかで良かったとは思うんですが

100までいってもイマイチ社会生活が安定しなかったので、この後レクサプロに移行します


(今となってみれば、ジェイゾロフトが良くなかったわけではなく、自分自身がうつ病ではなく躁うつ病だったからイマイチはまらなかったんだろうな~と思います)



応援ありがとうございますポチポチッポチッとお願いいたします



ブログランキング・にほんブログ村へ


10 | 2019/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

あさひな

Author:あさひな
双極性障害もち、精神科医のあさひなです^ ^
病気でも楽しく生きる!をモットーに頑張ります!

2012年12月 うつ病発症
治療開始
2014年4月 就職(研修医)
2014年6月 再燃
2014年9月 休職開始
2015年2月 双極性2型疑われる
2015年8月 復職
2017年4月 精神科医になる

病気に負けずにお仕事頑張ります(^^)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR