おかげさまで



まだ完全ではないけれども、少し戻ってきた。

体調不良で断ろうか悩んだ末に行った約束で予想外に笑って、なんだか気持ちよかった。

今朝はチームのボスが声をかけてくれて、少し話を聞いてもらった。

苦しい時に話を聞いてくれる上司がいるっていうのは、本当にありがたいことだと思う。



今日は仕事も無理をせず、それでもきちんと終えて、マッサージに行った。

辛い時は顔が引きつってカチカチになるので、フェイスコースでお願いした。

研修生さんだったけれども、とても上手で気持ちよかった。

そんなこんなで今日もまだ生きている。

明日も頑張って生きよう。






↓よかったらフォローお願いします❤️↓

Twitterボタン
@Asahina_sou2






ランキング緩く参加しています~ぽちぽちぽちと三つクリックお願い致します(´∀`σ)σ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

希死念慮



苦しい。

自分に自信がなくなっちゃった。

もともとそんなにあったわけではないのに。

希死念慮も復活しかけてる。

自分が死んだらこの人どう感じるかな?何も感じないかな?とか思うようになってきた。


多分疲れてるんだと思う。

他にも色々、人間不信になりそうな出来事もあって。


頑張ってるはずなのに結果がついてこないし。

認められない。


とりあえず主治医に言った。


抗うつ薬はなかなか増やしにくいからエビリファイを減らそうかって言われた。


でもエビリファイ増やしてから調子良かったこともあるから、それは嫌だった。


だから夜のレスリンが3倍になった。


レスリンは抗うつ作用は弱いけれど。


もしかしたら何か力になってくれるかもしれない。


辛い。


消えたい。


でも消えられない、みんなと約束してるから


がんばる
関連記事

死生観と、ある患者さんとの思い出



コメントお返事できてなくてごめんなさい。
全て拝読し心に刻んでおります。


--------------------------------

たまーになんとなく語りたくなることがある。



さて今日は。

私の死生観と、その形成に関わったある1人の女性患者についてでも。





日本人というのは、死を忌み嫌う人種であると思う。

死とは人生の終わり。永遠の別れ。そういった意味であろう。

それ自体否定はしない。

とても悲しい出来事であるし、辛いものであるのは間違いない。

だが私自身は死に別の意味を見出したい。



死とは人生という大きな航海の終着点、映画で例えるならエンディングというところ。

ならば可能な限り華やかに彩りたいではないか。




私は学生時代、1人のがん患者さんに出会った。

彼女は私の母と同年代で卵巣がんの末期、いつ死が訪れてもおかしくはない状態だった。


毎日死に怯え涙を流す彼女のことが気になり、担当から離れても時折見舞った。

彼女も私には心を開いてくれ、様々な話をした。

旦那さんのこと、息子さんのこと、行ってみたかった場所のこと…


ある日私が東京に用事があって行くことを告げると、写真を見せて欲しい、と彼女は言った。

行ってみたかった場所だから…と。

私は彼女の顔を思い浮かべながらスカイツリーの写真を撮り、持っていった。

彼女は目に涙を浮かべながら喜んでくれ、それがまた、私は嬉しかった。




ある日、突然彼女はホスピスに転院となった。

私は別の科にいてそれを知ったのは数日後だった。


もう彼女のいない病棟に、ご家族が代筆してくださった私宛の手紙が残されていた。


〇〇先生が来てくださって、母は救われました。これからは母が安らかに逝けるよう、サポートしていきたいと思います。


とあった。


彼女の笑顔を思いながら泣きながら読んだ。

もう彼女に会えない。しかしホスピスへの転院は彼女にとって最善の結果。なんとか良い最期を迎えてほしい…


そう思いながら一年がたった。


ひょんなことで、彼女が転院したホスピスに行く事になった。


私は彼女の記録を見せて欲しいと頼んだ。


そこには彼女の最期の気持ちが綴られていた。


ここに来てよかった。こうして家族と最期を迎えられるなんて、幸せね。


と。


彼女は安らかに、眠るように、そして幸せそうに、逝ったようだった。


彼女の最期に直面し悲しいと思いながらも、安らかに逝けたことを知りどこかほっとした気持ちもあった。


いまでも、ご家族は穏やかに彼女の思い出を話されるという。





死とはただ、忌み嫌うべきものであろうか。


生を受けたものとして、死は必ず訪れるもの。


ならば、私はどんな人も心穏やかにエンディングとして迎えられる死をコーディネートしたい。


そんな気持ちがある。


だからこその今の選択でもある。



患者さんは皆、師であり、大切な存在である。


初心に帰るべき時彼女の手紙を読み返す。


久々に彼女のことを思い出して懐かしい気持ちになった。


こうしてきちんと医師になった姿を見せたいものである。


彼女はなんと言ってくれるであろう。








↓よかったらフォローお願いします❤️↓

Twitterボタン
@Asahina_sou2






ランキング緩く参加しています~ぽちぽちぽちと三つクリックお願い致します(´∀`σ)σ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



関連記事

ある日の病人の呟きとその後のわたし


3/31に残していたメモ。

いかにも病んでいるので載せてみる。



以下。


----------------------------

幸せとは、自分には少し遠い世界になったとしても、掴み取ることの出来るものだろうか?

例えば、妊娠したいと思ったなら、今の薬は止めなければいけない。

やめて果たして自分が自分でいられるのかは定かではない。

それが出来ない時には、全て諦めなければいけないと思う。

病人とはそういうものだ。

諦めは全ての選択肢に付随してくる。

仕事を続けられるかどうか、妊娠できるかどうか、家庭を持てるかどうか…。

なんと理不尽な世の中だろう。

神様は私に病という大きな重しをくださった。

死ぬことも許されず、生きることもままならない。

世の人は言うだろう、精神疾患なんて甘えだと。

これのどこが甘えなのか。

拷問以外の何物でもない。

しかしそれをなんとか受容しようともがいている。

私に与えられた時間は少ない。

その殆どは床で横になっている時間だ。

少ない時間で、可能な限り多くのことを経験し、成長したいと思う。

これは我儘なのかもしれない。

だがまだ諦めきれない。

往生際が悪いのである。

私の残された数少ない望み。

この身体でなんとか生き続けること。

そして僅かでも構わない、夢を叶えること。

とある日の病人の呟き。

-------------------------------

このときの心境としては、これをリアル世界と繋がっているFacebookに投稿してやりたい気持ちだった。

病人の苦悩を一般人に知らしめてやりたい思いでいっぱいだった。

結論としては投稿しなくて良かったと思う。



四月になり私は良き職を得、良き上司同期に出会い、刺激されながらもっと上を目指そうという気持ちを取り戻しつつある。

人間としてもっと大きくなりたいと思っていた病前のあの気持ちを、呼び覚ましつつある。

卑屈になる必要などない。

私にだってできる。

やってみせる。


幸せになる権利は、誰にだってあるのだから。






↓よかったらフォローお願いします❤️↓

Twitterボタン
@Asahina_sou2






ランキング緩く参加しています~ぽちぽちぽちと三つクリックお願い致します(´∀`σ)σ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




関連記事

「なぜ死んではいけないの?」


10代の若い子達は繊細でとても感受性豊か。

核心をつくような鋭い質問を投げかけてくれ、返答に窮することもしばしば。




今日出会ったのは13歳の女の子。

境界性パーソナリティ障害や統合失調症など、様々な要素が重なり合って自傷が日常化してしまっている子。

そして自分を認めてあげられない子。

話しているうちに一つの質問が飛び出した。



「先生、なんで死んじゃいけないの?」



一瞬面食らった。

この質問にきちんと答えられる自信がなかった。

そして、私の答えが彼女の人生をも左右しうると思ったから。



非常に難しい問題だね。とまず言った。

数秒考えて以下のように二つ答えた。


--------------------------

命というのは、その人だけのものでは無い。

その人自身、家族、友人、知人、皆があなたの命を共に生きている。

だから、あなたがいなくなるということはその人たちの心の一部も失われてしまうことだとおもう。

皆悲しむ。私ももちろん悲しい。


そしてもう一つの理由としては、究極の話になるけれども、人生を終わらせるのは案外簡単なこと。

だったら、今じゃなくてもいい。

明日でもいい。

とりあえず今日1日生きてみて、明日に先延ばしにすればいい。

そしてまた明日、同じことをすればいい。

この先何十年と考えると気が滅入るかもしれない。

でも1日頑張ることなら、できそうな気がしないかな?

そのうちにはあっと驚くような良いこともあるかもしれないしね。


----------------------

こんな具合。

彼女の質問にきちんと答えられたかはわからないが、少し肩の荷がおりたようだった。

元々児童精神には触れる機会のなかった私にとって、彼女達は毎回多くのことを提示してくれる。

彼女たちに幸せに生きてほしい。

そんなふうに思った。









↓よかったらフォローお願いします❤️↓

Twitterボタン
@Asahina_sou2






ランキング緩く参加しています~ぽちぽちぽちと三つクリックお願い致します(´∀`σ)σ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


関連記事
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

あさひな

Author:あさひな
うつ病3年、躁うつ半年、あさひなです^ ^
病気でも楽しく生きる!をモットーに頑張ります!

2012年12月 うつ病発症
治療開始
2014年4月 就職(研修医)
2014年6月 再燃
2014年9月 休職開始
2015年2月 双極性2型疑われる
2015年8月 復職

病気に負けずにお仕事頑張ります(^^)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR